精密機械のスマホがおかしくなったら池袋のiPhone修理専門店

iPhone修理

iPhoneが修理できない場合

画面がバキバキになっているiPhoneをなぜ修理しないのか不思議ですが、iPhoneは他のスマートフォンと比べて多少の故障でも使い続けられるものだと実感します。しかし、iPhoneも故障が深刻になるとどうしても修理が必要となります。その際には、キャリアショップや正規ストア、正規プロバイダーで修理をすることになります。
その費用はこれらのどこで修理しても大概の場合、画面修理だと1.5万円程度、基盤本体の修理だと3、4万円程度です。しかし、新品を7,8万円で買いなおすことを考えると、やはり修理した方が割安です。ただ、iPhoneも修理ができないケースがあり、それは下記のような原状回復が不可能と判断された場合です。
基板自体が完全に露出している・本体が折れ曲がっている・本体の溶解している・本体の一部が欠損している・海水や汚水に浸かった痕がある・不正改造した形跡・正規修理ルート以外で修理交換した形跡がある。
普通の使用方法であれば、ここまでの事態になることがありませんが、ここにある「正規修理ルート以外で修理交換した形跡がある」には気を付けなければなりません。これは街でよく見かける非正規のiPhone修理屋で修理した場合のことです。

Contents

iPhoneの修理依頼の方法は?

iPhoneやスマートフォンをを長期利用している落として画面が割れたり、充電がすぐに切れるなど…

more

iPhoneの修理はどれくらいかかる?

大事にしているiPhoneを不注意にも落下させてしまいフロントパネルが破損するなどすると日常生…

more

ガラス割れiPhone修理について

iPhoneの修理といえばもっとも頻度が高いと言われているのはガラス割れです。ある調査によると…

more

iPhoneが修理できない場合

画面がバキバキになっているiPhoneをなぜ修理しないのか不思議ですが、iPhoneは他のスマ…

more